日本語 / English

甘いお粥

とても小さな犬のゴンは、ロージィとカントリーハウスに住んでいました。彼らは自然に囲まれた静かな街に、引っ越したのです。この場所は誰も車を持っていません、彼らは街を行き来するにはフェリーを使わなければならないのです。「なんて素敵な生活なの。不便だけど、とってもこの辺は美しいわ」とファッショニスタ キャット。みんなは Acneを着ています。

「自然を楽しんで!またね」とファッショニスタ キャットは街へ帰りました。「僕たちはしばらくは街にかえらないと思うね」とゴン。「私はとってもこの孤独を楽しんでいるわ!とっても素晴らしい気分ね!」とロージィ。

フェリーの運転手がストライキをおこしました、彼らは数日間街に帰れない事に。彼らはここが好きですが、もう食べるものがありません。「僕はとってもお腹がすいたよ、なにか食べるものを探さなくては。静かな生活が欲しかったけど、でも食べ物は必要だよ」とゴン。「幸運を祈るわ。ここは街でないから、そんなに簡単にスーパーマーケットが見つかるわけがないわよ」ロージィはとっても怒りっぽかったのです、だって彼女もお腹がすいているのですから。彼らはCalvin Klein Collectionを着ています。

「僕は食べ物を探しに行かなければならないよ」。ゴンも怒っていました、そして家を出たのです。ロージィとゴンは沢山の服を持って来ていましたが、充分な食べ物を持って来ていなかったのです。

そしてゴンは森へと出かけて行きました、そこで歳とった魔女猫と出会いました。彼女はゴンの事を知っていて、そして彼がとても気だての良いのを知っていたので、小さな鍋をプレゼントしました、それは彼が「小さな鍋よ、 煮えろ」と言うと、甘くて美味しいとろけるお粥を作るのです、そして彼が「小さな鍋よ、止まれ」というと料理をやめるのです。彼はAlexsander Wangを着ています。

「魔女猫とっても素敵なプレゼントをありがとう。もうこれでけしてお腹はすかないね!」とゴン。彼はお腹の空いているロージィに食べさせるために、家へと帰らなければなりませんでした。

ゴンはロージィの家へ鍋を持って行きました、そして空腹から解放されました、そして好きなだけいつでも甘いお粥を食べたのです。「もう私達はひもじい思いをする事はないわ。パーティが恋しくなってきた。友達みんなと同時に会いたいわ。田舎暮らしはだんだんつまらなくなってきたわ」とロージィ。彼らはRichard Chai Loveを着ています。

ある時ファッショニスタ キャットが彼らの家を尋ねると、ゴンは出かけていました。「ねえ、凄い鍋をみせるわ!もう私達は食べ物を手に入れる必要がないのよ、見て!」ロージィは古い鍋を見せました。「なにこの鍋?これはおばあちゃんのアンテークの鍋みたいね」とファッショニスタ キャット。彼らはBand of outsidersを着ています。

ロージィが「小さな鍋よ、煮えろ」と言うと料理したのです。そして彼らがお腹一杯になるまで、そして彼女は鍋に料理をやめてほしかったのですが、言葉を知りませんでした。「どうしょうーーー鍋を止める事が出来ない!!どうしたらいいの?」。彼女達はMillyを着ています。

料理し続けて、そしてお粥はふちをこしてしまいました。「どうしたら止まるの?アブラカタブラ!!!エクスパリラマス!!」ロージィは叫びました、しかし止まらないのです。「あなたがこれを料理してると思ったけど、鍋が料理していたのね!」とファッショニスタ キャット。

キッチンと家中が一杯になるまで料理し続けています。「もう食べられない!あーゴンなしでこの鍋を使うんでなかったわ」とロージィは本当に後悔しています。彼女は電話しょうとしましたが、この場所では携帯電話は通じないのです、、。

鍋はまだ美味しいお粥を作り続けています。家の外へと出ました。「あー誰か止めて!」とロージィは叫びましたが、誰も周りにはいません。

そして、隣町のマロンの家が粥で一杯となりました。「そんなに粥って好きじゃないんだよね。でもありがとう」とマロンは舐め始めました。彼らは J Crewを着ています。

「本当にもうこれ以上いらないから、、、私の家は粥の家だわ!!助けて助けて家は紙で出来てるのよ」とマロンは叫びました。

そして道中が粥で一杯になりました。世界中の猫と犬が食べられるほどです!もうひもじい事はありません!マックス、チャイナ、ヒジカタクンはCarvenを着ています。

誰も止め方を知らないとは大変な事です。ついにゴンが帰宅しました、そして「小さな鍋よ、止まれ」と言ったのです。そしてついに止まりました。ゴンはHermesを着ています。

「僕がいない間に、なにをしてたんだよ?」とゴン。「お客さんに食べ物をだしたかっただけなのよ、、。それだけよ」とロージィ。彼らはHermesを着ています。

彼らは粥を食べるだめに沢山の友達を招待しました。「いったい彼らはどうしたのよ、静かな生活がしたいって言ってたのに?いきなり、街中を呼んでパーティよ」とパリィ。彼らはTommy Hilfigerを着ています。

誰もが街に帰る途中で食べながら帰らなければなりませんでした。「この街は粥の街、全部食べられるわ」とレイガン。「悪くないね、美味しいもの!」とスシ。みんなTommy Hilfigerを着ています。

魔女猫は笑っていました、「言葉は魔法。何を望むか気をつけてね。ロージィは友達みんなといっぺんに会いたいっていったでしょう、覚えてる??」誰もがお粥を食べ過ぎたようです。