日本語 / English

魔法使い猫

森には魔女猫が住んでいます。彼女は他の動物には意地悪ですが、彼女の猫だけにはとても優しいのです。彼の名前はポポ。彼女は森で彼を見つけたのです。「なんて珍しい目を持ってるの!片方が青で、もう一つがオリーブ色なのね」と魔女猫。彼は栗を探すので森にいたけど、迷子になってしまったの。「僕お腹がすいた。なにか食べさせてくれる?」とポポ。それから彼は魔女猫と一緒に暮らし始めたの。ファッショニスタ キャットとポポはViktor & Rolfを着ています。

彼女はポポに良くえさをあげて、そしていつも彼が綺麗に見えるように毛をとかしてあげているの。「とってもいい子ね。好きなだけここに居ていいわよ」と魔女猫。ファッショニスタ キャットとポポは Carvenを着ています。

ポポはとっても楽しい時を過ごしました。彼女は彼を人形のように世話したのですが、彼は小さいので気にしませんでした。彼女が森を散歩する時もポポを連れて行きました。ファッショニスタ キャットとポポは Jil Sander を着ています。

ポポはカピチーノを魔女猫と飲むのが大好きです。彼らは毎週末の3時にお茶をします。ポポはスチームしたミルクの所だけを飲みます、だってコーヒーが嫌いなんです。魔女猫は彼といるのがとっても好きです。ポポは Raf Simonsを着ています。ファッショニスタ キャットは Juicy Coutureを着ています。

ある日、彼女が起きるとポポは居なくなっていました。彼は家にはもう居ないのです。彼女は彼を一日探しましたが、見つける事が出来ませんでした。「家出をしてしまったのかしたら?それとも誘拐されたのかしら?」と魔女猫はモゴモゴ言ってます。「大丈夫?何かあったの?」とファッショニスタ キャットは聞きました。ファッショニスタ キャットは Jean Paul Gaultierを着ています。

彼女はファッショニスタ キャットに言いました。『私の猫のポポが居ないの。彼を見なかった?』 見てないわと言ったの。ファッショニスタキャットは驚いたわ、魔女猫がはじめて話して来たから。魔女猫は意地悪だって思ってたけど、ほんとはなんだか気さくだったわ。

彼女はポポを森で見つける事が出来なかったの。「みんながいつも集まる街で,きっと見つける事ができるかもよ」とファッショニスタ キャット。魔女猫は忙しい街には行きたくなかったけれど、彼を探しに行かなければならないの。ファッショニスタ キャットは Isabel Marantを着ています。

彼らは街に行き、行方不明の彼女の猫の事を尋ねたの。「私は猫を探してるの。彼は昨日から居なくなってしまったのよ」と魔女猫。彼女は写真をみせて、ポポがどんな子で、どんなものが好きかを説明したの。みんなはGAPを着ています。

「魔女猫がそんなに猫好きだとは知らなかったよ。彼女はただの意地悪なおばあさん猫かと思っていたのに」とムク。ええ、彼女はきっとまだ意地悪かも、でも自分の猫が大好きなのね。魔女猫の目からは涙がでていて、とっても落ち込んでいるわ。

彼女は次の街へと猫を尋ねて行ったわ。「あたな、きっとこの子を見た事あるわよね、彼は出かけるのが好きで、ある日帰ってこなくなったのよ」彼らは魔女猫にとっても良くしてあげたわ。彼らは猫を探すのを手伝ってあげたの。ファッショニスタ キャットとナツメグ、エマは Jason Wuを着ています。

バディはこの街に住んでいます。彼は魔女猫には今まで会った事がなかったの。バディは彼女が森から来た純粋で無垢な猫だと思ったのよ。 魔女猫 はポポを探すのに忙しくて、食べずに休まずにいたわ。彼女はずっと彼を探し続けているの。「ポポどこにいるの?」と魔女猫。ファッショニスタ キャットとバディはAcneを着ています。

彼女はとっても落ち込んで地面を眺めていたわ。「もうポポが見つからないかも。なんてことなの、、、」と魔女猫。「ねえ、なんで魔法を使ってあなたの猫を探さないの?」とファッショニスタ キャット。「私はね、飛ぶ事とネズミをリンゴに変える魔法しか知らないんだよ」と魔女猫。

魔女猫は魔法を使わずに、彼を探さないとなりません。彼女は行方不明のポスターを壁中に張ったの。「あいにく、この猫は見た事が無いわ。彼はこの街には来てないわ」と犬は言ったわ。彼女はポポの大好きなおやつをボールに入れて置く事にしたの。ポポがおやつの匂いを嗅いでここに現れるかもしれないから。ファッショニスタ キャットは Peter Somを着ています。

次の日、その場所に戻るとおやつは無くなっていたの。ボールは空で、ネズミがいたわ。彼らが全部食べちゃったのね。ファッショニスタ キャットは Dries Van Noten を着ています。

彼女はとっても怒って、ネズミ達をリンゴに変えちゃったの。バディは彼女が魔法を使うのを見た事をみんなに言いふらしたわ。「彼女は魔女猫だ!ネズミをリンゴに変えたんだ!」と。みんな逃げていったわ、そして家に戻って行ったの。「リンゴに変えられるのは、まっぴらご免だからね」とバディ。ファッショニスタ キャットは Dries Van Noten を着ています。

今、道は誰も歩いていないので空っぽだわ。「なんて静かな所なの。ここから何でも見る事が出来るわね」と魔女猫。そうすると白い猫が遠くを通ったの。「ああ、何処に行ってたの?」と魔女猫が聞いたわ。そう、それはポポだったの。「僕が散歩から家に帰ると、もう居なかったから探しに行ったんだよ。」とポポ。

彼女はポポを見つけたわ、でもこの街のみんなは怖がっていなくなってしまったの。だって魔女猫がポポを探している時に、ネズミをリンゴに変えてしまったから。「みんな分かったわ!私の猫を見つけたの、リンゴをネズミに戻すから。出て来ておくれ!」と。ファッショニスタ キャットは Donna Karanを着ています。ポポは DKNYを着ています。

バディとその他の猫はとってもゆっくりと家から出て来たわ。彼らはネズミが大丈夫なのを見たわ。「ああ、よかった!ネズミは無事だね!彼女は自分の猫を見つけたし、もう森に戻って行くね」とバディ。

彼女は街を去り森へポポと一緒に戻ったの。「私があなたを捜す魔法を知らなかったと思う?」と魔女猫。「うん、そう思うよ、ネズミをリンゴに変えたことが幸運へと変わったんだね」とポポ。「まあいいわ、とにかく私はあなたを探せたんだからそれでいいわ」と魔女猫。 ファッショニスタ キャットとポポは Michael Korsを着ています。

時々自分では解決法を知らない事があるけど、でもただ努力するとそれが問題解決の手助けになるのね。それは本当の魔法ね!ネズミをリンゴに変える必要はないけどね。もしも何かを探したいなら、最善の努力をして探してね。あなたの努力が不思議な解決へと導くわ。「さあ、栗のケーキを作りましょう。あなたは沢山栗を持ってるはずよ、御戻し。あなたが庭から盗んでいたって知ってるわよ」と魔女猫。 ファッショニスタ キャットは Jason Wuをポポは Steven Alanを着ています。

魔女猫はそんなに優しくならなかったわ、でもポポが一緒で嬉しいのね。彼らは素晴らしい栗のケーキを魔法料理本から作ったの。「凄いいい匂い!こんなケーキはいままで見た事ないよ!」とポポ。栗のケーキはとっても美味しくて、みんなをとっても幸せにしたの。 ファッショニスタ キャットは Rachel Royをポポは Valentinoを着ています。

このケーキを食べたらとっても幸せな気分になったわ。なにか特別なケーキなの?“とファッショニスタ キャット。「ええ、魔法の料理本からですから。普段は幸せな魔法は使わないのだけど、でもこの魔法のケーキは食べた猫や犬が幸せになるものなの!」と魔女猫。

「クリスマスの時期だし、これを作って幸せでない人にあげようよ!」とポポ。「それはいいアイディアだわ。そうしましょう」とファッショニスタ キャット。魔女猫はまた魔法のケーキを作りたくなかったけど、1年に一度のクリスマスだから、もう少し作る事にしたの。ファッショニスタ キャットは Carolina Herreraを着ています。

彼らはケーキを今幸せでない猫や犬に配ったの。「これは魔法のケーキで、食べると幸せになるから!」とポポ。「ありがとう!すぐに食べるわ!」とトゥイニィー。みんなBurberry Prorsumを着ています。

「わあーー美味しい!かわいいポポが私の為に作ってくれた特別のものなのね」と微笑んだの。彼女は長い事笑ってなかったけど、ポポの親切な心を感じたの。

ポポは足が怪我で動けない犬にも届けたの。「あーありがとう、今年はベーカリーに行けないと思ってたのに、素晴らしいケーキを持って来たね!ほんとに感謝してるよ」と犬。「御大事にね!クリスマスの時期だから、このケーキはとっても大きいから友達とシェアーしてね」とポポ。ファッショニスタキャットは Reed Krakoffを、ポポは Yoji Yamamotoを着ています。

彼は魔法のケーキを友達と一緒に食べる、と彼らはとても幸せになりました。「どんな特別な食材がこの魔法のケーキには入ってるの?」とファッショニスタキャットは聞いたわ。 「本当の事をいうと、これにはなにも特別なものは入ってないのよ」と魔女猫。ポポの暖かい心と与えるという精神が、他の犬や猫を幸せにしたのよ。これは本当の魔法なの!楽しいクリスマスを!ファッショニスタ キャットは Zac Posenを、ポポは Paul Smithを着ています。メリークリスマス!