日本語 / English

大きなカブ

レーガンは大変働き物で、自分の家で野菜を作っていました。「自分の食べるものは自分で作るのさ」と。事務仕事をした後と、朝時間のある時に畑を耕していました。「自分で食べる物を作っているなんて、偉いわね」とファッショニスタ キャット。ファッショニスタ キャットはIsable MarantをレーガンはLevie’s を着ています。

ある日、カブの種をまきました。「これで美味しいカブのスープが作れるさ」とレーガンはとても期待していました。沢山植えたので、沢山の友達を呼んでカブのスープをごちそうしたいと思っていたのです。彼はT- by Alexsander Wang を着ています。

するとどうしたのか、何日かたってもたった1本しか芽をだしません。「沢山植えたのに、どうしたのか?」肥料も水かげんも程よくしたつもりでした。「カブのスープ楽しみにしてたのに、これだと無理そうね」とタマ。レーガンはAgnes Bをファッショニスタ キャットとタマはGray Grahamを着ています。

ところが、その1つのカブはぐんぐん大きくなったのです。さすがのレーガンもビックリです。「なんて大きなカブなんだ、これなら街中の友達を呼んでカブのスープを作れるよ」とレーガン。彼らは Burberry Prorsumを着ています。

とうとうカブは、3匹の猫が手をつながらなければ、抱えられないほどの大きさになったのでした。「こんな大きなカブは、見た事もないし、聞いた事もない」「なんと大きな、カブの化け物なんだ」と近所の猫達も驚きました。彼らはA.P.Cを着ています。

「とても珍しいカブなので、そうだ大統領に差し上げよう」とレーガンは思いつきました。ホワイトハウスの犬がみんなタラフクに、カブのスープを食べられるだろうし。「そうね、こんなに珍しいものだから是非そうしたら」とファッショニスタ キャット。彼らはY3を着ています。

大きなカブをトラックに乗せて、ワシントンDCのホワイトハウスへと向かいました。「きっと大統領も喜んでくれるに違いない」とレーガン。「沢山の犬があそこでは働いているけど、このカブは食べ尽す事ができるかしら」とファッショニスタ キャット。

大統領のボーは「おお、普段はお客さんとは会わないのだが、噂は聞いていたぞ!」とあまりに素晴らしいカブを見てビックリしていました。「こんなものが作れるとは、感心だ。レーガンがまじめに働いていたからであろう」と。レーガンとファッショニスタキャットはTommy Hilfigerを着ています。

大統領はレーガンに、沢山のご褒美に美味しいお菓子や、珍しい果物などを、あげました。「ありがとう、そんなつもりで持って来たのではないのですが、心より感謝します」とレーガン。

この話がツイッター中の評判になりました。「見た?大統領が巨大なカブをもらったのよ」。「お礼の凄かったこと!私もあんなお菓子が欲しいわ」とマロン。チャイナ、マロン、ムクは3.1Phillip Limを着ています。

この街には、大変欲張りな犬セバスチャンがいました。「よし、おれはカブなんかよりも、もっともっといいものを大統領に差し上げて、もっと沢山のご褒美をもらおう」犬はそう考えて、自分の大切な車に貴重品を積んで、ホワイトハウスへと行きました。

「大統領ボー、これは僕からのお土産です」と車ごと大統領に差し上げました。「これはありがたい!何か、お返しにご褒美をやりたいものだ、、。でもお菓子やフルーツはもうなくなってしまっていました。なにも良いご褒美をセバスチャンに持っていませんでした。

「そうだあの珍しいカブをつかわそう」と言って、大統領はレーガンからもらったカブを犬にあげたのです。「おお、、思いがけない品をどうも」そういってセバスチャンはホワイトハウスを去って行きました。

「僕は自分の持ち物をなにもかも失ってしまったよ、まさか大統領にお土産を返せとは言えないからな」と犬は吠えました。バカな犬です、欲張りをするとこんな事になってしまうのです。

セバスチャンは一人で巨大なカブを食べきれずに、とうとう腐らせてしまいました。「馬鹿げた考えは、もう沢山だ、、、もうカブのスープなんかいらないよ」と。

レーガンは、その後沢山の友達にセバスチャンまでを呼んで、珍しいお菓子や果物を楽しみました。見返りを期待せずに一生懸命に働くと、こんなよい事もあるものですね。「なんて美味しいお菓子なの!」とみんな喜んでいます。レーガンとバクイットは Tommy Hilfigerを着ています。ファッショニスタキャットとガールズは Antonio Berardiを着ています。