日本語 / English

ギルバート&ジョージ

ファッショニスタ キャットがギャラリーのあたりを歩いている時に、ギルバート&ジョージというアーティストに出会ったの。彼らはパフォーマンスアートのイベントの招待状をくれたわ。「わあ、どんなパフォーマンスかしら?とっても
楽しみ!!!」と彼女。ファショニスタ キャットは Chloéを着ています。

今日はギルバート&ジョージのパフォーマンスの日。彼らはとても似たようなスーツを着てギャラリーにいるわ。金色に顔を塗ってただ立ったり、歩いたりしてるだけね。「私たちは生きてる彫刻さ」と。とってもおかしいわ。なんでも彼らがやるとアートになっちゃうのね。ファッショニスタ キャットとタマは Sonia Rykieを着ています。

ファショニスタ キャットがパーティで彼らを見かけた時、彼らはとっても恥ずかしがり屋だったの。彼らはあまりしゃべらないの。あまり友達にも挨拶しないの。彼らは立ってるだけで、他の猫がなにしてるかを見てるだけ。「もしかしてまだパフォーミング中?」タマが聞いたわ。「たぶん、外に居る間は彼らは彫刻だと思っているのね」とファッショニスタ キャット。ファッショニスタ キャット、タマ、ウメは Zero + Maria Cornejoを着ています。

「ギルバートこんにちは!元気?」ムクが言いました。「あっ、、ムク、、。調子はどう?ジョージを探さないと、、」ギルバートは一人でいるのが耐えられなかったの。彼はジョージといつも一緒じゃないと駄目なの。ギルバートはムクと一人で話している時は汗をかいていたわ。彼女らは Zero + Maria Cornejoを着ています。

ジョージが戻って来て、またギルバートはホッとしたの。「あーここに居てくれて嬉しいよ!君が居ないと僕はとっても恥ずかしがりなんだ。どうしていいのか分かんないよ」とギルバート。

彼らはとってもおかしいの。ダンスパーティの時、新しいパフォーミングの曲げるというパフォーミングを見せてくれたわ。彼らは踊っているのよ、でも膝を曲げているだけのように見えるのね。「ダンスしてるの?」タマが聞いたわ。「僕らは曲げてるんだよ!」と。ファッショニスタ キャットとタマは Gucciを着ています。

彼らはファショニスタ キャットのアパートにいて、突然立って歌いだしたの。「これもパフォーマンスの一部さ」と。その歌はうまいとは言えなかったわ、彼らはただ自分たちの歌を作っただけみたい。「外に雨が降っていると、眠くなる〜〜」 ファッショニスタ キャットとタマは Douglas Hannantを着ています。

彼らのアパートはとっても変わっているわ。彼らの写真がそこら中に飾ってあるの。自分たちが大好きなのね。「どうやってアーティストになったの?」とタマが聞いたわ。「僕らはけしてアーティストなった訳ではない。僕らは生まれた時からアーティストなんだ」と。素晴らしい人生ね。 ファッショニスタ キャットとタマは Damir Domaを着ています。

「もし、誰かがあなたの人生はアートだと思ってたらどうする?」ファッショニスタ キャットは聞いたわ。「そしたらもっと慎重に行動すると思う、私はとっても自分の動きを意識するわね」とタマ。みんながスローモーションで動いているのは面白いわね。「なんだか瞑想してるみたい」とプー。彼らはアートになってるのを楽しんでいるわ。「いつもパフォーミングしているのは疲れない?」ファッショニスタ キャットは聞いたわ。「いや、やってるのを楽しんでいるんだよ」と。彼らはけして作業中は見せないの。外に居る時は常にパフォーミングをしているの。 ファッショニスタ キャット、タマ、プーはYves Saint Laurentを着ています。

さあ、ギルバート&ジョージの事が理解できたわね。「彼らはアートだと思うの。パフォーマンスや彼らの写真だけじゃなくて」とタマ。そうよ、アートはただ物だけじゃないの。アートは彼らが何を言いたいかのメッセージよ。分かって良かったわ!「ところで、彼らは何がいいたいの?」プーは聞いたわ。「とってもそれを謎とくのは難しいわ、でも彼らのメッセージは彼らが誰かという事なのよ」とファッショニスタ キャット。「それだけ?」とタマ。「ええ、それだけが言いたいのよ。誰も彼らになれないわ、そして彼らも誰かほかの人になりたいと思わないって事」。