日本語 / English

ファション ヴィクテム

ローラはファッション ヴィクテムなの。 いつの日か彼女はファッションデザイナーになりたいと思っているの。でもいつも派手になりすぎてしまうの。ローラは年上の兄、レオがいるけど、彼はファッションなど気に掛けないから、仲良くしようとしないの。レオは寂しそう。一緒にパーティーにも行きたいけど、ローラは誘ってくれない。ファッショニスタ キャットはDoo Riを、ローラは自身のデザインした服をそれぞれ着ています。

ファッショニスタ キャットは道で派手すぎるローラを見かけたの。毎日ナイトクラブの着物ルックはおしゃれじゃないわ。でも、彼女は気にしていないの。レオが少し控えめな格好をしたらと聞いたけど、「私は着たいものを着たいの!あなたに関係ないでしょ!」と、ローラは拒否。ファッショニスタ キャットはThakoonを、ローラはまた自分でデザインした服を、レオはヴィンテージもののTシャツとジーンズを履いているの。

ローラは友達といるとき、とても生意気な態度をとるの。彼女は自分を特別だと思っているの。「私あんな人知らないわ。誰?」と、兄のレオのことを言ったの。彼女はレオがごく普通であまり服装を気にしないことが恥ずかしいの。ファショニスタ キャットとガガパンダはGivenchyを、ローラは自分でデザインした服を、レオはヴィンテージのTシャツとジーンズをまた履き回ししている。

以前ローラはとてもやさしい女の子だったの。レオは以前のやさしいローラに戻ってくれることを願っている。二人の間には大きな隔たりがあり、仲直りすることは簡単ではないの。「ファッショニスタ キャット。僕はどうしたらローラと仲直りできるかな」と、レオ。ファッショニスタ キャットは「たとえそんなに興味が無くても、ファッションについて少し勉強してみてはどうかしら?ローラも喜ぶと思うわ」と、答えたの。ローラにとってファッションは一番大切なものなの。彼は彼女が好きな物を尊重してあげなくてはならないのよ。ファッショニスタ キャットはDiane von Furstenbergを、レオはヴィンテージのTシャツとジーンズを履いている。

ファショニスタキャットはレオのスタイリングをしたの。とてもかっこよくなったのよ。ヴィンテージのジーンズとはさよなら。ローラに早く会いたい!!ファッショニスタ キャットはOscar de la Rentaを、レオはPaul Smithを着ています。

ローラはレオを今はとても誇りに思っているの。彼は彼女だけのせいでないと気づいたの。ただ彼女がそんなにファッションが好きだと、わからなかっただけだったの。今ではローラはレオが自分の好きなことを尊重してくれていると思っているよ。兄弟は仲良くするべきよね。ローラは場所によってふさわしい格好をするようになりレオの気持ちも晴れるようになったの。レオのアドバイスにも耳を傾けているわ。「派手すぎる格好はやめようね」と、レオ。ファッショニスタ キャットとローラはChloeを、レオはThom Browneを着ています。