日本語 / English

サーカス

ある日大きくてカラフルなトラックが街に来ました。「いらっしゃい、ショーを楽しんで!」サーカスの動物達は笑って窓から手を降りました。「わあ、とっても面白そうね!ショーを見に行くべきよ」とファッショニスタ キャット。

この街中の猫と犬がショーを見に訪れました。大きな赤と白のストライプのテントが広場にありました。みんなとても興奮しています!「もう待ちきれないわ」とタマ。彼女達はErin Fetherstonを着ています。

サーカスのパフォーマーはとてもかっこ良く、そしてパフォーマンスはとても素晴らしかったのです。「どうやってこんな凄い仕事をやれるのかしら?」とタマ。「たぶん凄く良く練習をしているのよ」とファッショニスタ キャット。

一度ショーを見たら、彼らはここから立ち去りたくなくなってしまいました。「なんか自分でもアクロバットが出来る気がする、ここに残りたい」とタマ。そこには魔法の鏡があり、彼らは自分の本当の願望を見るのでした。背の低い猫は「私は本当に長身でとっても素敵!」痩せている犬は「私はとっても大きくて強い、なんでも持ち上げられるぞ」運動神経の鈍い猫は、「ここだと、凄く良く走れるわ」。

一度彼らは自分の願望を鏡で見たものは、しまいにはここに残るのでした。「なんて素晴らしい、君達がこのショーが気に入ってくれると思っていたさ」サーカスのオーナーのフィリップは言いました。彼はとても神秘的で、そしてほとんど感情を出さないのです。

「これが君のベットだ、サーカスの生活を楽しんでくれ。明日の朝から訓練は始まるよ」。と言って去りました。そこには素晴らしい柔らかく心地良いベットと、美味しい食べ物がありました。「ここは天国みたいね、ずっとここに居たいし、プロのサーカスのパフォーマーになるわ」とパリー。「う〜んそれほどでもないけど、歓迎してくれてるわよね。もう1日だけ居る事にするわ」とファッショニスタ キャット。彼女達はBalenciagaを着ています。

「みんな起きて!訓練の時間がはじまりだ!」とフィリップはみんなに怒鳴っています。とっても意地悪そうに見え、そしてもう気軽な感じではないのです。彼らは朝食をまだ食べていません、でも彼の言うことをしないとならないのです。「まだ眠いよ、まだ午前4時だもの。早すぎるわ」とプティ。

外には他の動物が首に鎖をつながれていました。「あなた達もここへ、、。御気の毒に」と像は言いました。「そんな、、なにがあったの?昨日のパフォーマンスは素晴らしかったわ、ここは素晴らしい所だと思ったけど」とファッショニスタ キャット。「ええ、始めはそんなに悪くなかったけど、オーナーがとても意地悪で、、。彼は出来っこ無い無理をさせるのです」と像は言いましたそして鼻で他の方を指しました。

パンが水のリングを通り抜ける訓練をしていました。「これは冷たすぎる、もう出来ないわ」と彼女の毛は濡れているのに、続けていました。「休んじゃ駄目だ!失敗は君のせいだ、冷たいのなんて忘れろ、やるんだ!」とフィリップ。

パンは泣きながら、塗れた体をふいていました。「もっと優しく訓練してくれると思っていたわ」と。「今すぐ家に帰った方がいいわよ、どうしてしないの?」とファッショニスタ キャット。「彼らは帰してくれないのよ、もう出来ない、こんなはずじゃなかった」とパン。

「一度このサーカスに入ると、 自分自身でいることが出来きるまで帰へる事は出来ないのさ」とフィリップは笑って言いました。「どういう意味なの?これには深いメッセージが含まれているようね」タマ。

今プティは髪を切っては駄目に。彼女は髪をとても長くのばし、そして世界1髪の長い犬になりました。「あ〜髪を切るのが懐かしいわ、でも今までで一番髪が重いわ。これで背が高く見えるかしら」?

ミーは爪を伸ばし始めました。そして彼女は世界一長い爪の持ち主です。「もう携帯も使えないわ、爪切りは嫌いだけどこれはやりすぎよ。みんながどんどん変になっていきます。

バディーは入れ墨のシールを体中に張らなければなりません、彼が目立つ様にと。「なんか変な感じ、これは僕の体じゃないよ。誰かほかの人のものだ」入れ墨男でいないといけないので、彼はもうシャワーを浴びることは出来ません、もしも浴びるとシールが体からはがれてしまうのです。

ファッショニスタ キャットは、空中ブランコをしなければなりません。彼女は空中を飛び回っています。「高い所は好きじゃないの、怖いよ〜!」「今すぐ、ファッショニスタ キャット、手を離せ」とフィリップ。

タマは長いひげを付けています。「私の毛はもうフサフサで、顔の周りに毛が沢山あるのは好きじゃないのよ、なぜもっと毛を付けなければならないの?」彼女は男らしい猫に見えます。

「水をください」とマロン。「駄目だ!動きを完全にできるまではあげない」とフィリップは水のボトルを見せて、良く出来るまで飲ませませんでした。 彼らは一生懸命に働き、そしてほど良いパフォーマになりました。

みんなが一緒になると、とても可笑しくみえました。「信じられない、これがあなたなの?」とお互いを笑いあいました。彼らは次のパフォーマンスの、ポスターの撮影をしているのです。

彼らは柔らかいべットのかわりに、堅い2段ベットで寝ています。夕飯は生のリンゴと人参です。夕食の前には腕立てと腹筋をしなければなりません。「私の甘いおやつはどこ?」とミー。

彼らは訓練を一生懸命にしました、そしてついにパフォーマンスを観客に見せるのです。沢山の犬や猫が他の街から来ています。彼はショーを見るのをとても楽しみにしています。「長い事この瞬間を待ったわ!」と観客の誰が言いました。ショーが始まりました。

だれもが自分の動きを見せました。「もう高い所が怖くないわ。空中で手を放す事ができるのよ」とファッショニスタ キャットは、空中ブランコを見事にやりました。彼女達はFendi を着ています。

タマは長いヒゲを見せ、そして 玉乗りをしています。観客は拍手してそして長いヒゲに感動しました。「顔の長いヒゲをもう恥ずかしいと思わないわ」とタマ。プティは犬の爆弾になりました。私は小さいからこれが良く出来るのね!」とプティ。

フィリップは「自分自身でいろ」と言いました。ショーは終わり、そして彼らは満足でした。「見かけを凄く変えて、誰か他の人になってみたわ。それで今、自分が誰なのかが良くわかったわ」とファッショニスタ キャット。

彼らはメイクを落とし、ヘアーを洗いました。「もう偽のヒゲを付ける必要はないわ。私は私だもの!」とタマは完璧の世界がないと悟りました。彼女は 長いヒゲを付けて沢山の注目を浴びました。注目を浴びるのはそれほど悪い気はしませんでしたが、自分でない者になる必要はないのです。

ミーは「私はファッショニスタ キャットと空中ブランコをして、空中で気がついたのよ。恐怖を取り除く事ができたの、それは今までにない素晴らしい気持ちだったわ」と。彼女はTakoonを着ています。

フィリップは彼らに言ったわ、「もう帰ってよし、自分自身でいる事が出来るさ」と彼は入り口のドアを開けました。像と他の猫や犬もサーカスを去っていきました。彼女達はLouis Vuittonを着ています。

たった今パフォーマンスを見た、猫達が他のドアから入って来たのです。彼は他の猫で新しいプロジェクトを始めたようですね。あなたは自分自身を見つけたい ?ならここへ来て、仲間にならない?